ビットコインなどの仮想通貨でのレバレッジ取引の説明。仮想通貨取引所の紹介。

Lightning FX/Futures はレバレッジ最大 15 倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ハイリスク・ハイリターンに賭けるなら証拠金取引

株の信用取引やFXで知られる「レバレッジ」ですが、仮想通貨でも現物取引の他に、証拠金を預けた証拠金取引で、「レバレッジ」を効かせて取引をできます。

ほとんどの取引所でレバレッジを勧かせて取引ができる仮想通貨はビットコインのみとなります。

証拠金取引では、自分の資金を担保にして投資したお金の何倍もの取引ができます。

言い方を変えますと、レバレッジを効かせた場合は、自己資金の何倍ものポジションを持つことができるのです。

そして、レバレッジ取引は、信用取引、FX、先物取引と3タイプあります。

取引所によっては、信用取引タイプと先物取引タイプの両方がある取引所や、同じ信用取引タイプでも適用される最大倍率が異なる取引所があります。

ですから、まずは各取引所で確認することをお勧めします。

一方、レバレッジを効かせた取引の反対にあるのが、株式で一般的な取引でもある「現物取引」です。

一般的に現在ビットコインやその他のコインであるアルトコインで現在流行っている投資がこの現物取引です。

現物取引では、手持ちの資金分しか仮想通貨を持つことはできません。

しかし、「レバレッジを効かせた場合」は、自己資金の何倍ものポジションを持つことができます。

この倍率は5倍から最大で25倍とさまざまです

3つのレバレッジ

仮想通貨のレバレッジ取引は主に次の3つのパターンで取引が可能です。
先物取引

  • 返済期限あり
  • レバレッジ 15~25倍

先物取引では、「限月」という特定の日にちに「○円で売買する」という約束があります。

限月が来たら取引は強制的に終丁となります。

もちろん、含み益があれば、限月が来る前に決済することも出来ます。

含み損がある場合、自分で損切りできない人などには、向いている取引かもしれません。

信用取引

  • 返済期限あり
  • レバレッジー 3~25倍

株式投資の信用取引のように、仮想通貨の取引所から資金を借りて、仮想通貨を買うか、取引所から仮想通貨を借りて、仮想通貨を売ります。

期限までに決済をしなければなりませんが、お金や仮想通貨を借りているので、反対売買(買いなら売り、売りなら買い)を行い決済を行う必要があります。

期限内であればいつでも売買できます。

信用取引は、投資家が仮想通貨の取引所から借り入れを行う取引なので、取引している期間は金利などが発生します。

FX

  • 返済期限なし
  • レバレッジ 25倍

現物を持つことはないため、仮想通貨の送金などはできません。

ビットコインなどの取引所に証拠金を預けて、仮想通貨FX取引の最終的な、「上がった」「下がった」という結果に従ってお金が動きます。

このような値動きだけで行う取引を差金決済といいます。

為替のFX取引(外国為替証拠金取り引き)はすべてこれに該当します。

信用取引や先物取引のように返済期限がないため、長期間持ち続けることも可能です。

しかし、スワップポイントと呼ばる金利が発生し、仮想通貨を持っている限り、その金利を負担する必要があります。

仮想通貨のFXと先物取引、信用取引タイプを採用しているbitFlyer Lightningなどの取引所があります。 仮想通貨(=暗号通貨(ビットコインなど))のFXと先物取引は、証拠金を預入 ・・・[続きを読む]
① 先物取引のほうがレバレッジは大きい取引所が多い 取引所によってレバレッジには差がありますが、レバレッジは信用取引、先物取引の両方を扱っている取引所では、bitFlyer Lightnin ・・・[続きを読む]
仮想通貨でレバレッジを効かせた取引を紹介します。 信用取引タイプ FXタイプ 先物取引タイプ の3タイプです。 「てこの原理」を利用して、少額な資金で、その何倍もの金額を取引できり、利益を何 ・・・[続きを読む]

1

項目名 ここに説明文を入力
項目名 ここに説明文を入力
項目名 ここに説明文を入力