ビットコインなどの仮想通貨でのレバレッジ取引の説明。仮想通貨取引所の紹介。

仮想通貨の先物取引

仮想通貨FX先物取引信用取引タイプを採用しているbitFlyer Lightningなどの取引所があります。

仮想通貨(=暗号通貨(ビットコインなど))のFXと先物取引は、証拠金を預入れ、差金決済により仮想通貨を売買できるサービスです。

ハイレバレッジの高い倍率で売買できる点が信用取引タイプとの違いです。

また先物取引とFXタイプとの大きな違いは、先物取引の方が、購入したビットコイン先物を反対売買(「買い」なら「売り」を行い、「売り」なら「買い」を行うことです。)する期日(限月)が決まっており、その日には必ず満期日に決定するSQ(清算値)で決済をされてしまうということです。

先物取引といえば金や原油、小麦、小豆などを聞いたことがあるかと思います。

これらの場合、SQ(清算値)までに決済をしなければ現物の受け渡しを行うという選択も可能です。

しかし、仮想通貨では現物がありませんので全て決済されてしまいます。

先物取引タイプの特徴は、少ない資金をレバレッジを効かせて高い倍率で売買できる点にあります。

しかし、仮想通貨を購入するタイミングを間違えればすぐに含み損を抱えてしまいます。

ましてや、FXや株式と比べて、ビットコインの1日の変動幅(ボラティリティ)は、かなり大きく10倍ともいわれています。

1日で5~10%動くことも珍しくありません。

この値動きに合わせてプラスの方向に動けば大きな収益となりますが、逆に動いてしまうと、大きな損失を被ることになります。

この損失は、信用取引、先物取引、FXのタイプかかわらず、証拠金額を超えると必ず返済する必要があるため、仮想通貨の取引から大きな借金を抱えて退場させられる場合もあります。

最低限テクニカル分析ができ、仮想通貨の情報を分析する知識があり、適切なエントリーができるだけのスキルを持っていることが必要です。

ビットコインFX・先物取引についての詳細は、bitFlyer Lightningへどうぞ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で