ビットコインなどの仮想通貨でのレバレッジ取引の説明。仮想通貨取引所の紹介。

先物取引と信用取引の違い

① 先物取引のほうがレバレッジは大きい取引所が多い

取引所によってレバレッジには差がありますが、レバレッジは信用取引、先物取引の両方を扱っている取引所では、bitFlyer Lightningのように先物取引の方がレバレッジが高い傾向にあります。

② 先物取引には必ず期限がある(信用取引には期限がない取引も。)

一部の信用取引を除けば、信用取引には期限がない取引もあります。

場合によっ ては、1年後に決済することも可能です。

しかし先物取引には必ず期限があります。

購入する前には、期限ごとに分類されている取引板を確認します。

③ 先物取引には金利がないが信用取引には金利が発生する。

先物取引は金利不要です。

その為、多くのポジションを持ちたい場合などは、信用取引より金利分のコストを節約できます

しかし、管理手数料が発生する場合があります。

これらは2017年9月時点のものであり、内容は各取引所で異なるので、取引所のルールを必ず確認してください。

もし挑戦するなら、仕組みをよく理解したうえで先物取引と信用取引を活用しましょう。

特にビットコインの先物は、先物投資に詳しい人向けのリスクの高い投資方法です。

そのような仕組みですので信用取引、先物取引ともに証拠金取引の中上級者向け取引と言えます。